大会結果

男子
1位  美谷島 豪
(Squampton snowskate)
2位  植木 洋一(freedom zion)
3位  冨村 剛志
4位  浅海 康太
(Hovland Snowskates/North West Riders Japan)
5位  園田 大樹(freedom zion)

女子
1位  紅林 まなみ
2位  篠崎 香奈子
3位  坪内 香奈

ヒッピージャンプコンテスト
70cm 平良 光
(MINAKAMI BASE)

■第1回スノースケートクロス全日本大会■

 

■日時

2017年3月19日(日) 10:00~14:00 

当日エントリー受付 08:00~ 09:00

*エントリー受付はゴンドラ乗り場横 休憩所に設置

 

■会場

妙高杉ノ原スキー場 

http://www.princehotels.co.jp/ski/myoko/

 

■クラス

男子総合・女子総合

 

■料金

4,500円 (リフト1日券付き)

*シーズン券所有者は1,500円

 

■参加資格

・メタルエッジを装備したバイデッキ(ダブルデッキ)タイプのスノースケート

・ヘルメット・ゴーグル・ひじパッド・ひざパッド・リーショコードの装備 

・スポーツ保険の加入(エントリー用紙に証券番号を記載)

 

■備考

・当日受付でスポーツ保険の販売はしておりません。必ず各自事前にスポーツ保険の加入を済ませてください。
・当日のエントリーの際に身分証明書が必要となります。運転免許証・保険証・学生証・社員証・パスポートなどの身分証明書をご持参ください。
・大会会場へはゴンドラを利用し移動時間を要するため、エントリー受付時間は09:00で必ず締め切りますのでご注意ください。大会当日はゴンドラの混雑が予想されるので、エントリー完了後は速やかに大会会場へ移動してください。

​・大会のスケジュールはできる限り前倒しで進行しますので、大会参加者は必ずMCのアナウンスが聞こえる大会会場内で待機してください。

 

 

■ゲストライダー

浅海康太(Hovland Snowskates/Northwest Riders Japan)

ET(Hovland Snowskates)

中野友樹(Predog Snowskates)
伊藤裕樹(Hovland Snowskates Japan)

etc...

 

■MC
Ben Gibson(信板会)

■出店

Hovland Snowskates 試乗会

Icon Snowskates Club 試乗会

Northwest Riders Japan Shop

etc...

 

■協賛

Hovland Snowskates

Predog Snowskate

Squampton Snowskates

Ralston Snowskates

Northwest Riders Japan

Icon Snowskates Club

■タイムスケジュール■

​        -競技規則-

  1. 競技参加者はメタルエッジを装備したバイデッキタイプ(2枚板構造)のスノースケートボードを使用し、ヘルメット・ゴーグル・膝プロテクター・リーシュコードの着用を義務とする。審判員のチェックでこれらの中の一つでも欠失している場合は失格とする。

  2. デッキに足を固定する為の器具は一切禁止。フックの様に引っ掛けて足の固定を補助する器具の装備は禁止。磁気による足の接続を補助する器具は禁止。サーフワックス以外の塗布型の滑り止め素材や粘着素材は一切使用禁止。審判員のチェックでこれらの中の一つでも使用していた場合は失格とする。

  3. スポンジタイプのシート・スパイクタイプのシート・ねじをトップデッキに打ち込むタイプのスパイク・サーフワックスは使用可能。

  4. 審判員には競技をジャッジする権限があり、参加者は審判員の指示や判定に必ず従う。

  5. 審判員は明瞭公平なジャッジを行い、判定に抗議があった場合は動画・写真などの物的根拠をできる限り導入し再審判する。

  6. 対戦相手またはその装備品を手のひらで押す、つかむ、引っ張る、引っ掛ける、殴る、蹴る、頭突き、その他の暴力行為があった場合は即失格とする。

  7. 対戦相手またはその装備品を故意に押して転倒させた場合や、転倒時に寝そべって進路を妨害するなど、明らかに故意に相手の滑走を妨げる行為をした場合は即失格とする。

  8. 参加者はスタート台のスタートライン手前に並び、スタートの合図と共に滑り始める。

  9. フライングがあった場合はスタートラインからやり直しする。フライングは3回目で失格とする。

  10. 規定されたコースを通らなかった場合は失格となる。

  11. 参加者がコースアウトした場合でもコースアウトした地点まで戻って再開すれば競技続行とする。

  12. 競技中にリーシュコードが外れた場合は失格とする。

  13. ゴールはデッキに乗った状態でゴールライン(1位はゴールテープ)を先に体が通過した人が先着となる。ゴールラインを過ぎる際は必ず足がデッキの上に乗っている状態で、足が雪面に触れない事。走ったり、プッシュしながらのゴールは無効となる。ゴールが無効と審判された場合でもゴールライン手前に戻ってやり直す事は可能とする。

  14. 勝者がレース後に怪我等の理由で棄権する場合は、そのレースの棄権者を除いた上位が繰り上げ勝者とする。

  15. 入賞者に重大な違反が発覚した場合は大会開催終了後であってもその成績は協会の通告により失格となる。入賞者の中で失格者が出た場合は大会成績を繰り上げする。

    -免責同意および親権者承諾-

  1. 大会が円滑に進行できる様に指定された時間を守って行動します。 

  2. 大会では実行委員会の指示に必ず従います。もしこれに違反した場合は本大会実行委員会または日本スノースケート協会からの処分を甘んじて受けます。 

  3. 大会中の怪我は会場となるスキー場のパトロールまたは医療スタッフによる治療・移送・緊急の手術などの行為に同意し、その際に発生した自己の治療費を負担します。医療保険加入は自己の責任である事を承知します。

  4. 大会中の映像権を日本スノースケート協会に与え、大会の写真や映像をインターネット上や雑誌等の紙面などで一般に公開される事や、書籍やDVDなどのメディアを制作または販売する事を許可します。

  5. 私はスノースケートをする時、自分あるいは他人の作為・不作為・不注意により損害・損失あるいは重傷・ 機能マヒ、最悪の場合死亡に至る危険がある事を承知します。また、不可知の危険のある事も承知します。 

  6. 私は本大会参加によって生じた損失・損害について、日本スノースケート協会、実行委員会、大会スポンサー、開催会場等、本大会の関係者に対して訴訟しない事を署名し誓約します。私、又は私の相続人・代理人もこの免責同意書・権利放棄書に拘束されることを確認します。